0120-168-373

まずは現地調査を予約する

メニューを開く

メガメニュー を閉じる

メールでのお問い合わせ

塗替え道場採用サイト

塗替道場

本社 〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓4-99

  • 横浜店
    〒241-0032 神奈川県横浜市旭区今宿東町
    1493リバービュー88 1階

スタッフブログ

  • 色選び
  • 日塗工
  • 神奈川県
  • カラーシュミレーション
  • 人気色
  • 塗り替え道場
  • 塗替え
  • 塗替え道場 横浜店
  • 塗替え道場 横浜支店
  • 塗替え道場横浜
  • 塗装
  • 外壁塗装
  • 外壁塗装専門店
  • 外壁色
  • 横浜市

2022/05/14

色選びについて解説

こんにちは!!

 

塗替え道場 横浜支店の桝内です( *´艸`)

 

今回のブログのテーマは、塗装と言えば「色」ということで

色選びのポイントについて解説ブログを書いていきます。

 

色を大きく変化させたい人もいれば、現状の色を希望される人も

いらっしゃいます。

 

どちらの方でも色選びの参考にしていただければ幸いです。

 

 

目次

・人気色について

・色による経年劣化や汚れについて

・カラーシュミレーションについて

・失敗しない色選び方法どうしたらいいのか

・まとめ

 

 

 

人気色について

 

外壁塗装にはカタログに載っている「標準色」や日塗工に載っている「特注色」

と多くの色があります。塗替えを検討している方は必ず色を選択するということを

行なう必要があります。ただ色の種類がありすぎて何を選んだらいいのかわからなく

なってしまう人も多く見受けられます。あまりに多くの色を見ることで選択することが

難しくなることがありますので、カタログ等に載っている「標準色」を見て気に入る

色がなければ日塗工などの「特注色」を見ることをオススメ致します。

 

今回は人気色ということで色系統で人気な色を挙げさせていただきます

 

・アイボリー

・ベージュ

・グレー

・ホワイト

 

が人気色となります。

※上記色の中でも細かな色の濃い薄いなどありますので実際には系統として

人気な色となります。

 

その他にも最近では、チャコール系の色やネイビー系の色も人気が

出てきているように感じます。

 

 

 

色による経年劣化や汚れについて

 

選択する色によって同じ塗料を使っていても、経年劣化が目立ちやすい色や

目立ちにくい色などが存在します。もちろん汚れが目立ちやすい、目立ちにくい

というのも色によって異なりますので下記では色による違いについて説明をして

いきます。

 

経年劣化が目立つ色・目立たない色

 

・色持ちがいい色としては

白・黒・青が色持ちが良いといわれています。

※紫外線への耐候性能が強いので、色持ちが良いとされています。

 

 

・色持ちが良くない色としては

赤・黄・緑が色持ちが良くないといわれています。

※紫外線劣化への耐性が弱いので、色持ちが良くないといえます。

例)車等でも赤色等の塗装をされている車などはほかの色に比べて色褪せが早く感じる

ことはないでしょうか?

 

どのような色も最終的に白っぽくなっていきますので年数経過しても劣化した感じが出ない

ようにしたいということであれば「白色系統」「アイボリー系統」などの比較的薄めの

色を選ぶことで年数経過したとしても色褪せ感が目立ちづらいです。

 

 

・汚れが目立つ色としては

汚れが目立ちやすい色は白や黒と言われています。

白色はコケやカビ、埃等による黒ずみ汚れが目立つ傾向にあります。

黒色は砂埃等の汚れが目立つ傾向があります。

※色によって目立つ汚れの種類が異なるということがこちらの最大のポイント

となります。

 

 

・汚れが目立ちにくい色

汚れが目立ちにくい色は、黄色・緑・グレーなどの「中間色」と言われています。

汚れるには汚れますが、汚れと似たような色を選ぶことで目立ちにくくなります。

 

 

 

カラーシュミレーションについて

 

カラーシュミレーショとは、お家を仮にぬりかえた場合のイメージ写真のことを言います。

あくまでもイメージ写真となりますので、「色系統」が決まらないという方には是非利用

していただきたいサービスとなります。

 

なぜカラーシュミレーションは色系統の選択のみに有効なのか?

 

カラーシュミレーションは、パソコンで作成をするのですが印刷をした段階とパソコン上での

シュミレーションの色合いが異なってしまうのと、色番号で指定して作成したとしても若干実際

の色味とは違うということがあるためです。

尚、細かな色番号の違いの場合細かな色の違いが分からないというのも色系統の選択には向いて

いるという理由の一つとなります。

 

なので細かな色の違いについては、塗板などの本物の塗料を塗ってある板を用意してもらい選択を

していくことをオススメ致します。

 

 

 

失敗しない色選びはどうしたらいいのか?

 

外壁塗装で実際に塗ってみたら「想像していた色と全然違った!」という言葉を耳に

したことがある方も多いのではないでしょうか?

勿論お客様が想像していたような色にピッタリと合わせることができることが一番いいの

ですが、人によって見え方も変わってしまうのでここでは色選びのポイントについて解説を

行なっていきます。

 

①カタログ等の小さな色見本で色は決定しない!

面積が小さいもので見ると、どうしても実際の色よりも色が濃く見えてしまいます。

なので、塗板などのように少しでも大きなサンプルで色確認することでイメージの

違いを最小限にすることができます。

 

②室内で色選びはしない!

室内のみで色を見て色選択をしてしまうと実際に日が当たる部分で見た際に、室内で

見ていた色よりもかなり薄く見える傾向があります。なので塗板や色見本を見て色を

選択する際は必ず外で見て選択していただくことをオススメしております。

※同じ色でも日陰での見え方と、日向での見え方は異なりますのでどちらでも見え方を

チェックしてもらうこともオススメです。

 

③塗る面積が大きくなればなるほど薄く見える!

塗る面積が大きくなればなるほど視感としては、選択した色よりも薄くなったように見えて

しまいます。面積が大きくなることで気持ち薄く見えるということを把握したうえで色を選択

していただくと仕上がりイメージのギャップが軽減されかと思います。

※塗板と明らかにイメージがかけ離れてしまうということはありませんのでご安心ください。

 

④周りのお家の色によっても色の見え方が左右されてしまうことがある!

近隣の外壁色によって色のイメージが異なって見えるケースがあります。特に「白色」

希望される方に多いかと思います。近隣で真っ白のお家があった場合、塗板で確認したときは

「白色」に見えていたものが色がはいっているように見えてしまうことがあります。

白色に見える色でも若干白以外の色味が入っているものも多いです。なので本当に真っ白の

お家がすぐ近くにある場合に「白色」に見えないということが発生することがありますので

、ご近隣様の色についても気にしていただくことも「白色」をご希望の方は必要となります。

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は色についてブログにて解説を行わせていただきました。

一度塗装をしてしまうと10年近くは決定した色で過ごしていただくことになるので、

出来れば失敗はしたくないかと思います。

 

このブログがお客様の少しでも色選びの参考になれば幸いです。

 

以上、塗替え道場 横浜支店の桝内がお送りいたしました( `ー´)ノ

 

お電話での資料請求・見積り依頼はこちらへ

  0120-168-373 

↓↓↓ホームページはこちら↓↓↓ 

 
★塗装は神奈川県横浜市の外壁塗装専門店へ★

 

 

☆お見積り・ご相談・資料請求無料!!お気軽に☆

株式会社七色 塗替え道場 
フリーダイヤル 0120-168-373

 

関東エリア(1店舗)

横浜店 ✨NEW OPEN✨
〒241-0032
神奈川県横浜市旭区今宿東1493 リバービュー88 1F

無料見積もり即日対応

相見積もり大歓迎

あのYouTubeで
有名な塗替え道場が
笑顔で
見積もりお伺いします

塗替え道場 代表写真塗替え道場 代表写真
メールで無料見積・現地調査を申込む